YS-3・4BRシリーズねじ検査選別装置


製品の特長

■ 機能性を備えたワーク供給ボウル
Ф350〜800の振動ボウルを採用。供給量は世界最速の1500個 / 分(パーツ寸法・形状による) 。 パーツフィーダー内でワークが詰まった場合、逆回転するから詰まり防止も可能。また、ワークがパーツフィーダー の中で溢れないようにセンサーで制御しますので、長時間にわたる大量のワーク検査も安心です。

■  ワークの詰まりゼロ!
振動直進レール上でワークをスムーズに回転テーブルへ供給するために、最大3箇所のジェットエアーノズルで プッシュできるから、ワークの詰まりはゼロ。確実で安定したワークの供給が可能となります。

■  頭部カメラ及び、照明の技術
 照明の明るさを細かく変えることにより、より微細な頭部の形状傷、ねじ先端 / ねじ山潰れ等の画像をより 鮮明化するのに効果を発揮します。

■ 側面カメラ及び、センサーによるダブルチェック
 側面カメラからねじ不良を判定し、合わせてセンサーによるねじ山のダブルチェックを行うことにより、 選別能力が非常に高くなります。また、カメラを3台搭載すれば十字穴有無の検査やトルクス穴のチッピング検査 (日米特許)もできるのもYS-3BRの強みです。

■ CCDカメラによる画像選別(頭部&側面&先端etc)
100%カスタムメイドのため、検査項目をご指定下さい。


標準仕様

装置
YS-4BR
YS-3BR
YS-3BSR
YS-3BMR
検査能力(毎分)
150〜600ppm
300〜1500ppm
250〜800ppm
250〜600ppm
ねじ径
M8〜M12
or
M10〜M14
M2.6〜M6.0
M1.4〜M2.6
M0.6〜M2.0
首下L寸
25〜75mm
or
50〜100mm
8〜40mm
4〜15mm
1.5〜5mm
頭部直径

大・小
17mm

大・小
Max 13mm
大・小
Max 6.5mm
大・小
Max 4.5mm
機械寸法(ローラー付)※参考寸法

2950x1250x2300mm

2510x1120x1860mm

2510x1120x1860mm

2510x1120x1860mm

装置重量
1200kg
800kg
800kg
800kg

検査項目
下記一覧より選択して頂いた仕様で製作可能です。

1. 画像センサーによる頭部直径
2. 首下L寸
3. 頭部高さ
4. ねじ外径
5. ねじ山ピッチ
6. ねじの有無
7. 頭部形状とキズ
8. ねじ先端形状
9. メッキの有無
10. ローラーによる頭部直径及び異品混入検査
11. 十字穴(トルクス)のチッピング検査(日米特許)
12. ねじ部全周検査(M5以上) ※動画参照

上記以外の検査項目も検証いたしますので、ご相談下さい。


オプション

1. 縦型補助ホッパー
2. 箱交換機
3. 追加ターンテーブル ・・・ターンテーブルはワーク径毎に必要です。
 (1台の選別機でM3、M4、M5を検査するのであれば2枚追加必要)
4. バーコード機能 ・・・バーコードを読み取り、機種登録されているものと一致するか検索し、自動で機種切替します。
5. メール転送機能(社内LAN必要) ・・・機械に異常が発生した際に登録しているアドレスへ発生内容等を送信いたします。
6. 工程能力指数データ自動作成機能(s、Cpk検査書) ・・・寸法測定値をパソコン上の EXCEL に直接表示し、標準偏差(s)、工程内能力(Cpk)が検査書として自動的に  作成されます。
7. 作業日報EXCEL ・・・検査した品番、検査数、不良品数を記録したEXCELファイルが自動的に機械内に作成されます。




戻る